理事長挨拶

理事長挨拶イメージ画像

 昨今、中山間地域や離島を中心に、過疎化や高齢化が急速に増えてきています。このような状態となった集落では、集落の自治、生活道路の管理、冠婚葬祭など共同体としての機能が急速に衰え、やがて消滅に向かうとされています。それ故、森林や農耕地に人の手が入らなくなり、山の荒廃や遊休農地の増大が進み、地域コミュニティそのものだった「場」が消失しつつあります。

 また、都市部では、限界集落と同様の現象が見られるといった新たな問題も発生しています。都市部のベッドタウンやかつての新興住宅地などでは、数十年前に一斉に入居してきた核家族世帯の子供が独立して親世代のみになるなどし、非過疎地域の一区画が孤立した形で高齢化率が極端に上昇しています。

 私たちは、公共施設をはじめ、河川・里山・集落・都市環境における改善が効率的・効果的に図られ、高齢者にも安全かつ安心にできる仕組みと事業を切望しています。

私たちが、これまで培ってきた知識・技術・経験を生かし、地域に軸足を置き、地域の視点から、地域コミュニティの復活と、快適で生活しやすい環境を取り戻すべく、『一般社団法人ナチュラル・エージ技術協会』の設立を決意しました。

 これからの高齢化社会において、幅広く分野を越えた情報ネットワークの拠点と、よりよい生活環境を目指し、自然と共存する社会の実現に向けて活動を展開する所存です。

理事長 齋藤与司二   

 

日本の現況

日本の現況イメージ画像

1. 農山漁村地域では ⇒過疎化高齢化 集落の存続が困難

 森林や農耕地に人の手が入らなくなり、山の荒廃や遊休農地の増大が進み、地域コミュニティそのものだった場が今、崩壊しつつあります。また、地域を守る若者の未婚化・晩婚化が進み少子化が加速しています。しかし、 遊休農地の新たな利活用が都市部との地域間連携の柱となり交流や活性化に役立っています。

2. 地方都市では ⇒空洞化シャッター通り 地場産業の衰退

 バブル崩壊後、地場産業はコスト削減から競争力が低下し、後継者不足も相まって存続の危機をむかえています。しかし、地域に根ざした匠の技の継承や地域資源や再活性化の柱となりつつあり、再び注目を集めています。

3. 都市圏では ⇒過密化コミュニケーション不在地域に無関心

 首都圏の一極集中が慢性的な交通渋滞や住宅の密集化を引き起こし、災害時の危険度が増大しつつあります。また、経済・情報・治安などあらゆる分野で格差が生じる中、人はコミュニケーションの場を失い地域に無関心な状態が続いています。

 

 

↑【筑波山の紫峰杉】 (※「紫峰」とは筑波山の別称)
  (樹齢:800年、幹周=7m、樹高=40m、位置:男女川(みなのがわ)源流部)